ジャズコーラス

いまむら直子が2010年からプロデュース・編曲・指導を担当するジャズコーラス。世田谷区内在住主婦を中心にした「Shoofies」を皮切りに、2013年6月開始した「国境なき楽団」(代表/庄野真代)主催・下北沢音倉ジャズコーラスワークショップ受講生の常連参加者で結成された男女混声ユニット「けやきボイス」、2016年「Carat4」と変名したのは、Shoofies立川支部が独自の大人の女性路線で展開し始めた4人組。各グループ、新会員メンバー随時募集。

Shoofies

    2010年7月結成。バリバリのジャズコーラスではなく、アットホームで古き時代のアメリカの主婦のような柔らかさと女性らしい花を持つ自然体を目指しています。「Shoofies」は、しゅーふぃーず、と読み「主婦」をもじった造語。メンバーの個性に合わせたオリジナルアレンジで人気があり多くの地域音楽祭に出演。2011年3月東日本大震災以降は復興支援寄付の「チャリティー・スマイル音楽会」を毎月主催している。メンバーは、志村実枝子(L)、松本玲子、須田千鶴子、三枝美穂、杉本俟子(2017年1月)

      けやきボイス

      2013年6月開始した国境なき楽団ジャズコーラスワークショップの常連約10名前後が「きちんとやりたい」と提案し、番外レッスンも含めて月4回の練習会でめきめき上達。2014年楽団の基地「音倉」クリスマス会出演をきっかけに庄野真代氏が「けやきボイス」の命名。以後、年数回の発表会を目標にレッスン後の食事会も含めて楽しんでいます。主要メンバーは、伏見典悦、空閑明、鈴木俊夫、三枝秀樹、杉山裕美、土屋ますみ、藤田八恵子、森真弓、阿部美奈子、冨田あや子(2017年1月)。

      ブログ

        Carat4

        2010年、Shoofiesに参加した立川在住者の為に作った立川支部は、2~3名の時期が長く細々と続き存続が危ぶまれたが、メンバーの努力で歌好きの友人が一人また一人と増え、とうとう4名に。当初は暇つぶし的な練習会だったが2015年立川いったい音楽祭り出演をきっかけに、月2回のレッスンながらめきめき上達している。メンバーは、小池裕子、畑中悦子、栗原弘子、森登志枝(2017年1月)。